お知らせ・新着ニュース・メッセージ

2016年5月19日

昨日の5月18日水曜日に、またしても外務委員会の質問に立ちました。 今回は、前回の委員会質疑で時間が足りず、積み残しになってしまった、G7の財政出動による世界経済再活性化が先進国としての妥当な手法なのか、ということを質問という形で持論展開しました。 以下では、実際の発言内容と自分の意図、真意を織り交ぜながら、ご報告いたします。… 続きを読む

2016年5月18日

先日、親しくしている同僚議員とともに、とある会合に招かれ、自己紹介を兼ねて自分が考えていることを話す機会がありました。
その発言内容の一部が2016年5月17日夕刊フジ掲載の「風雲永田町」記事に出ていました。その中で、私の発言内容として、次のようなことが書かれていました。発言内容自体は必ずしも間違いありませんが、これだけを読むと誤解を招くので、補足しておきたいと思います。.. 続きを読む

2016年5月15日

一昨日の5月13日金曜日に、外務委員会の質問に立ちました。今回は、安倍総理の欧州各国訪問と日露首脳会談について質問をしました。 以下では、当日の質問内容と、時間の関係で充分言い尽くせなかったけれども、本来主張したかった内容とを織り交ぜて報告します。 1.日露首脳会談 (1)北方領土の平和的解決に向けた「新しいアプローチ」の内容につい… 続きを読む

2016年4月28日

4月15日地方創生特別委員会にて質問に立ちました。 地方が元気になるための持論を前置きし、下記の要旨で書生論的、観念論的ではありますが、地方創生についての本質的な議論を展開しました。 当日の委員会でも石破大臣はじめ与野党問わず好評な議論でしたので、是非、衆議院TVでご覧戴きたいと存じます。 1.成長戦略と地方創生の関係について  まず… 続きを読む

2016年4月16日

「感謝の集い」中止のお知らせ
いつも吉良州司を温かくご支援戴き深謝致します。
さて、先日来ご案内いたしておりました吉良州司議員在職10年の「感謝の集い」(4月22日開催予定)は、熊本、大分を中心とする九州全域にわたる地震発生により、今後も地震・余震が継続する可能性を排除できないことから、中止とさせて戴きたく、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。
尚今後、皆様のご家族、親族、ご友人の方々の被害がないことを心からお祈りしております。

2016年4月16日

現在も続く熊本県、大分県を中心とする九州全域にわたる地震、土砂災害等でお亡くなりになられた方々に対して、心からご冥福をお祈り致します。また、被災された方々に対してもお見舞い申し上げます。
政府に対して万全の対応を要請すると同時に、我が故郷大分県も大きな被害を受けており、野党の立場ではありますが、被災者救出・救援、被災地の復旧に全力を尽くしてまいります。 吉良州司

2016年4月15日

本日、地方創生委員会の質問に立ちました。委員会の冒頭、昨夜からの熊本県を中心とする九州全域の地震で亡くなられた方のご冥福を祈り、政府・委員会関係者全員で黙とうを捧げました。吉良州司も質問の冒頭、『昨夜から今日にかけての熊本地方を中心とする地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。政府にあっては万全の対応をお願いします』と哀悼の意を表しました。質問内容につきましては、またあらためてお伝えします。

2016年4月3日

4月1日の外務委員会質問に関して、2点目のインドネシアの新幹線プロジェクトについてです。昨年9月、インドネシア政府のソフヤン大統領特使が来日し、当該プロジェクトについて、日本の提案ではなく、中国からの提案を採用する旨を通知してきました。… 続きを読む

2016年4月2日

4月1日、外務委員会にて質問に立ちました。3月9日、3月16日に続いて3回目の質問です。今回の質問では、大きく2点につき質問(否、持論を展開?(笑))しました。ひとつは、食料安全保障問題、もうひとつは、インドネシアの新幹線プロジェクトです。… 続きを読む

2016年3月10日

活動報告を更新しました!(2016/03/10)

2016年1月8日

補正予算の中で1100万人に一人3万円を給付する年金生活者等給付金は「選挙目当てのばら撒き予算」だとして糾弾しましたが、この指摘に対して、民主党政権時代の「子ども手当」もばら撒きだったではないか、との意見をもらいました。実は、岡田代表が本会議で演説している際にも同趣旨の野次が自民党議員から発せられていました。 予算といえば「利益配分」と思っている方々にとっては「お金を配る」ことは「利益配分」… 続きを読む

2016年1月7日

あけましておめでとうございます。 よいお年を迎えられたこととお慶び申し上げます。 1月4日から通常国会が開会され、当日行われた安倍総理の外交報告と麻生財務相の財政演説に対して、昨日主要政党による代表質問が行われました。 既に新聞、テレビ、ネット情報でご存知の方も多いとは思いますが、岡田民主党代表の質問要旨を吉良州司流に要約し、私自身の見解もお伝えします。 1.昨年の安保法制の強… 続きを読む

2015年12月31日

大晦日、正月を前にご家族で楽しい時を過ごしておられることと思います。 今年は、戦後70年を迎えたこともあり、先の戦争と戦後の我が国の歩みについて学びなおす日々でした。また、安保法制を通して我が国の安全保障政策はどうあるべきか、世界に拡散するテロとどう向き合うべきか、について考え続ける日々でもありました。… 続きを読む

2015年11月21日

パリ同時多発テロに関するこれまで2回のメッセージの中で、私は「テロの温床を最小化、根絶することが必要であり、そのため我が国としては、軍事的支援ではなく、難民支援や、貧困をなくすための人道支援を行うべきだと述べてきました。これは、世界中で発生しているすべてのテロへの普遍的な対応策だと考えています。 一方、ISについては、異次元の凶悪組織ですからこれを壊滅しなければならないことは勿論です。… 続きを読む

2015年11月18日

パリ同時多発テロを受けて、フランス、ロシア、米国を中心として、対IS空爆が強化されました。また、EUは集団的自衛権の発動を決めました。シリア、イラクを「領土」とするISを殲滅しようとする対応です。 このことに関して、中東研究の第一人者である東京大学准教授の池内恵氏が示唆に富む話をしていましたので紹介します。 同氏によると、ISの特徴は『「拡大」と「拡散」』だというのです。 … 続きを読む

2015年11月17日

今回のパリにおける卑劣極まるテロに対して激しい怒りを抑えられません。 犠牲になられた方々に対して哀悼の誠を捧げます。 今回のテロ事件を受けて吉良州司が思うところ、感じたことをお伝えしたいと思います。 1.まず、あまりにも当然の思いですが、何の罪のない人々を標的にした無差別テロは絶対に許されない、ということです。国際社会として、テロから人々を守ること、テロの温床をなくすこと、に真剣… 続きを読む

2015年10月8日

【TPP大筋合意の報を受けて】10月5日、参加表明12カ国の担当閣僚によりTPPの大筋合意が為されたとの報を受けました。 まずは、TPPが合意に達し、各国の国内手続きを経て(これが各国ともかなり厳しいハードルだとは思いますが)船出することを心から喜びたいと思います。 外務省、経産省、農水省、内閣府をはじめ関係者のみなさんは、今回の最終交渉のみならず長きに亘り徹夜の連続だったと思います。そのご苦労に敬意と感謝を捧げます。… 続きを読む

2015年9月28日

昨日(2015年9月27日)、「安保法制国会」とも呼べる長い通常国会が終了しました。

安保法制に関する吉良州司の見解については、5回シリーズで展開しましたが、国会閉会の今日、今一度、この安保法案について振り返ってみたいと思います。

続きを読む

2015年7月29日

【安全保障法制に対する考え方 その5】前回のブログに対して、「地理的制約があるのであれば、つまり我が国周辺対応に限定するのであれば、政府案を丸々受け入れるのか。あいまいさが残る新3要件の『存立危機事態』をそのまま認めるのか」というご質問を頂きました。 今日は、その問いに対する私の考え方をお伝え致します。 1.基本的には、国家の正当防衛の範囲内、… 続きを読む

2015年7月27日

【安全保障法制に対する考え方 その4】前回のブログでは、「遠くは抑制的に」と主張する考え方をお伝えしました。今回は、前々回の「近くは現実的に」も含めて、わたしの考え方の要点を分かりやすく整理いたします。… 続きを読む